羽生ゆずれない、小塚崇彦の文春報道に反論!でも芸名で炎上中! 

羽生ゆずれない ゴシップ

小塚崇彦さんの不倫報道にモノマネ芸人の羽生ゆずれないさんが、報道に反論して話題になっていますね。それよりも、その芸名のせいで、不倫報道の反論よりも自身が注目されることになってしまいましたね。

今回は、羽生ゆずれないさんの経歴について調べてみました。

羽生ゆずれないさんと小塚崇彦さんの文春報道の関係は?

小塚崇彦

小塚崇彦さんと言えば、妻の大島由香里さんとの離婚協議中と報道されていますね。

そんな中で週刊文春がある女性とホテルに入ったと報じられて、不倫疑惑がかけられています。

羽生ゆずれないさんは、その時に同じホテルにいて、小塚崇彦さんと会っていたそうなんです。

実は、羽生ゆずれないさんは、北海道の出身で小さいころからアイスホッケーをしていて、高校時代には何と日本代表の主将を務めたほどの腕前。

つまり、スケート繋がりで小塚崇彦さんと面識があったということなんですね。

小塚崇彦さんの不倫報道があった日に、横浜で行われたイベントに小塚崇彦さんを訪ね、イベントの代表者とお会いしたのだそう。そして、不倫相手とされた女性はイベントの関係者で、会ってお話をして、その場は終わったとして、文春に書かれているような不倫の関係ではないと主張されているんですね。

現在、離婚協議中ということもあり、小塚崇彦さんをかばってあげたんですね。

友人思いということで、小塚崇彦さんの意外な交友関係が分かりました。

羽生ゆずれないさんの芸名は誰が考えたの?

羽生ゆずれないさんは、本名は相木健太さんと言って、元々はルパン三世のものまねで芸人になったんですね。

ちなみに、ルパン三世は山田康雄ではなく、栗田貫一さんバージョンで、ご本人からも公認を頂いているそうです。

羽生ゆずれないという芸名は、ダークホース山出に命名されたそうですが、羽生弦選手のものまねしかできなくなると当初は困っていたようですが、羽生弦選手が平昌オリンピックで金メダルをとったことから、仕事のオファーが増え、結果的に良かったようです。

羽生ゆずれないさんは、他にどんなものまねができるの?

他には、瀬川瑛子さんや細川たかしさんのものまねができるそうで、港区にあるショーパブに出演しているそうなので、ものまねに興味がある方は、一度見てみるのもいいかもしれませんね。

最近では、セカオワのものまねで、テレビに出演していましたね。(笑)


羽生弦選手の熱狂的なファンからは、芸名を変えて欲しいとクレームを受けている羽生ゆずれないさん、羽生弦さんが現役のうちは改名せずに頑張ってほしいですね。

 

コメント