崖っぷちホテルで岩田剛典使用の腕時計がレアすぎる!画像あり

岩田剛典 ドラマ

岩田剛典さん主演のドラマ「崖っぷちホテル」第2話まで放送されましたね。

個性的な俳優でキャスティングされ見どころ満載ですが、岩田剛典さんのファッションも個性的ですよね。

そのなかでも、腕時計がレアもので、岩田さんのこだわりが感じられる時計だと分かりました。

今回は、岩田さんが使用した腕時計について、調べてみました。

 

岩田さんのこだわり?の腕時計のご紹介

岩田剛典

岩田さん、男前ですよね(笑)

甘いマスクに鍛え抜かれた身体、羨ましい限りです。

そんな岩田さんのこだわりの腕時計がこちら。

ウォルサム

メーカー名が文字盤に表示されていないので、パッと見どこのものか分かりませんよね。

これはアンティーク時計の特徴ですね。

アンティーク時計は、メンテナンスが大変なので、普段使いには不便なところがありますが、気分を楽しみたいときには、つけてるだけでワクワクするんでしょうね。

 

この腕時計は、文字盤に特徴があり、時刻を表す1から12の数字の内側に13から24の数字が書かれていて、つまり24時表示になっているのが大きな特徴です。

さらに、時刻の外側には5から60の表示があります。

これはハック機能と呼ばれるもので、時刻を秒単位で合わせることができたり、秒単位で時間を合わせるときに、リューズ(時計の右側についてるつまみのようなもの)を引っ張ると秒針が止められる機能のことです。

戦争で作戦行動を合わせるときに使ったものですね。そのときの掛け声が「ハック」だったのが由来だそうです。

 

そして、これらの特徴からメーカーを特定することができました。

一番こだわった腕時計はどこのメーカーなの?

この腕時計は、ウォルサムのパイロットウォッチ A-17に極めて酷似しています。

それがこちらの時計です。

ウォルサム

1940年代のアンティークウォッチですね。

ウォルサムは、1850年に設立された懐中時計が有名なアメリカ最古の時計メーカーで、倒産や再建を繰り返し、1954年にスイスに会社を設立しています。

その後、日本の宝飾品メーカー平和堂貿易が買収し、子会社にしていますが、平和堂貿易が2016年に自己破産してしまいましたね。

公式サイトがあるので、どこかの企業が傘下に入っていると思いますが、詳細は分かりませんでした。

 

代表モデルとなったA-17と岩田さん着用の腕時計を比べますといくつか違う点があります。

1.ベゼルがコインエッジではない

ベゼルとは、腕時計のガラスの周囲の部分のことですが、A-17はコインエッジといってギザギザにあっているのですが、岩田さんの時計はそうなっていません。ケースごと変えてしまったのか、別モデルかもしれません。

2.秒針のデザインが違う

長針と短針は、同じように見えますが、秒針だけ明らかにデザインが違います。A-17は、先端が三角の矢印になって、針の後ろが丸になっているのですが、岩田さんの時計はそうなっていません。これも秒針だけ変えたのか、別モデルなのか不明です。

3.ベルトが違う

ベルトは簡単に交換できるので、革ベルトからナイロンベルトに替えたものと思われます。

NATOストラップと呼ばれるもので、特にミリタリー時計のアレンジとして、よく使われる手法です。

 

アンティーク時計なので、修理の過程で別のパーツに交換することも考えられるので、A-17カスタムといったところかも知れませんね。

どこかの国の骨董店で見つけたのか、時計好きの誰かから譲ってもらったのか、アンティーク時計ってロマンがありますよね。(笑)

同じ時計を購入できるの?

楽天市場で探してみたところ、見つけました。

ウォルサムhttps://item.rakuten.co.jp/watch-bank/10630-sa/

これも、ベルトと秒針が若干異なりますが、ウォルサムのA-17になります。

価格は109,000円ということで、アンティーク時計としてはお手頃価格ではないでしょうか。

まとめ

崖っぷちホテルで岩田さんが使用している時計は、ウォルサムのアンティーク腕時計。

A-17というモデルだが、若干デザインがことなる。

楽天市場で、109,000円で販売されている。

 

今回はちょっとマニアックな話題になってしまいましたが、ファッションにこだわりがある岩田さんらしい腕時計といえるのではないでしょうか。

 

 

 

コメント