あだち充原作「MIX」主題歌を歌うSUMIKAって?動画あり

MIX 音楽

あだち充さんの代表作「タッチ」の約30年後を描いた大人気漫画「MIX」が4月からテレビアニメで放送されますね。

その「MIX」の主題歌を歌うのが、男性4人組バンド「SUMIKA」です。

SUMIKAって女性の名前みたいですよね。いったいどんなバンド何でしょうか。

今回は、ロックバンド「SUMIKA」について調べてみました。

「MIX」の主題歌を歌う「SUMIKA」ってどんなバンド?

SUMIKAは4人組のロックバンドですね。

ボーカル  片岡健太

ドラムス  荒井智之

ギター   黒田隼之介

キーボード 小川貴之

ボーカルの片岡健太さんが、ほぼ全曲の作詞作曲を担当されています。

片岡健太さんは、2015年に声の不調を訴え、一時期活動を休止する事態がありましたが、見事に復帰され、それ以降はライブや楽曲制作に精力的に取り組まれていますよね。

また特徴的なのは、ライブでは毎回ゲストメンバーを加えて行い、そのゲストメンバーは、楽器演奏だけでなく、映像作家や写真家、画家といった芸術家とのコラボを行い、一つの作品としてライブを制作するという独特なスタイルを持っています。

「SUMIKA」の代表曲ってどんな曲

SUMIKAの楽曲は様々なタイアップ曲があり、代表的な曲としてこれらの作品があります。

フィクション・・・テレビアニメ「ヲタクに恋は難しい」オープニングテーマ

 

ファンファーレ・・・劇場版アニメ「君の膵臓を食べたい」

 

ボーカルが、若干星野源さんに似てる気がしますし、ルックスも高橋優さんに似てる気もしますが、軽快なJ-POPサウンドですよね。

聴いていると元気になれる、そんな曲だと思います。

また、今回「MIX」のオープニングテーマになった曲名は「イコール」というタイトル。

いったいどんな曲になっているのでしょうか。

まだ音源が出ていないので、詳細はわかりませんが、作品を盛り上げてくれる軽快なナンバーになりそうですね。

大人気漫画「MIX」ってどんなストーリー

「MIX」は小学館のゲッサンに連載中の漫画で、あだち充さんの代表作「タッチ」の30年後を描いた作品です。

上杉達也が甲子園出場を果たした明青学園野球部は、その後すっかり弱くなってしまい、30年後は弱小野球部となっていた。

そこに入部してきたのが、立花冬馬と立花走一郎の兄弟。この二人、同じ年同じ月同じ日に生まれていても、双子でないという奇妙な兄弟。その訳は、母を亡くした冬馬と父を亡くした走一郎の親同士が再婚したからだった。

冬馬がピッチャー、走一郎がキャッチャーでバッテリーを組み、明青学園野球部で再び甲子園を目指します。

そして、そんな義兄弟と走一郎の妹 音美が加わり、物語が進んでいくことになります。

 

現在、単行本が14巻まで発刊されていますが、あだち充さんの学園モノってなんでこんなに面白いんでしょうね。いくつになっても、淡い青春時代のような気持ちを呼び起こしてくれます。

そんな「MIX」のオープニングテーマを歌う、SUMIKAにも注目していきたいと思います。

音楽
スポンサーリンク
話好き日記

コメント