下町ロケット第三話 小坂大魔王が好演。信用調査の結果は?動画あり

ドラマ

10月28日 下町ロケットの第三話が放送されましたね。

第三話では、ギアゴーストの買収に関連し、帝国重工が佃製作所の信用調査を行うことになり、取引を継続できるかどうかという話でしたね。そして、その信用調査を行う帝国重工の刺客を小坂大魔王が演じることになりました。しかし、ドラマとは言え次から次へと問題が起きますね。

今回は、第三話のあらすじと感想。そして、第四話の予告動画を調べてみました。

第三話のあらすじ

新型エンジンのバルブシステムが完成し、最後の燃焼実験を行う帝国重工。

そんな中、帝国重工から佃製作所に対して、信用調査を行うことになるとの通告を受けることに。

その原因は、ギアゴーストの買収計画。なぜか帝国重工側に内密にしていたはずの買収計画の情報が洩れてしまい、佃製作所を良く思わない次期社長の的場(神田正輝)の指示のもと、信用調査部の安本(小坂大魔王)が佃製作所の信用調査を行うことに。

その一方、佃社長(阿部寛)は、社員とギアゴーストの伊丹社長(尾上菊之助)といっしょに殿村(立川談春)の田植えの手伝いに行くことに。トランスミッション開発の原点を確認するために、現場を体験することを提案するのであった。

信用調査当日、殿村の父親の容態が悪化し、殿村抜きで調査を受けることになった佃製作所は、一度は取引中止の危機に晒されることになるが、調査終了間際に駆け付けた殿村の対応が功を奏し、無事信用調査を乗り切ることができた。

第三話の感想

今回のゲスト出演を行った小坂大魔王ですが、嫌みな役が合っていましたね。

下町ロケットゴーストでは、徳重聡さん、神田正輝さんといった、今まで爽やかでいい人の役が多かった俳優が意地悪で感じの悪い悪役を演じる配役が多く、新鮮な感じがしますね。

佃製作所とギアゴースト以外はみんな敵みたいな感じですから、ある意味仕方ないかもしれませんね。そういった意味では、佃製作所の社員でありながら、非協力的な態度をとる軽部を演じる徳重聡さんの存在感はひと際目立ちますし、今後の立ち位置がどのように変化するのも見どころになるかもしれません。

中小企業といえども、従業員が100人もいれば、いろんな人がいる訳で、実社会においても、何で協力的になれないのかなぁと頭を抱えることも多々ありますが、このドラマを見ているとそれぞれが自分の立場で信じた道を生きているんだなぁと色々勉強になります。

少し時代に合わない価値観もあるかもしれませんが、企業ドラマとして参考になる部分もあるので、毎週楽しみに見たいと思います。

第四話の予告

さて、来週の下町ロケットでは、殿村が佃製作所を去ることになりそうですね。

そして、いよいよ裏切り者が誰なのか分かるかもしれません。勝ち目のない裁判をどうやって乗り越えるのか、佃製作所がどのようにピンチを切り抜けるのか、気になりますね。

 

 

コメント