下町ロケット第4話あらすじ。殿村の決意に皆が涙した。動画あり

ドラマ

11月4日に下町ロケット第四話が放送されましたね。第四話では、佃製作所の数々のピンチを救ってきた殿村(立川談春)がある決意をすることになり、ストーリーが大きく転換することになりましたね。

今回は、第四話のあらすじと次回の見どころを紹介いたします。

第四話のあらすじ

ギアゴーストの買収計画を進める中、神谷弁護士(恵俊彰)から「ギアゴーストの技術開発情報が外部に漏れている恐れがある」と告げられ、佃(阿部寛)と伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)は動揺します。従業員を信じる伊丹は、神谷弁護士に不信感を抱くことになります。そんな中、ギアゴーストの社員から合意に関する話をたまたま見てしまったことを知り、そのことを話してしまった従業員が内通者である可能性が出てきました。

神谷弁護士は、ギアゴースト社を訪れ、ある不審な点に気づきます。それは定期購読している雑誌のある月だけ抜けていたのです。その雑誌に載っていたのは、ギアゴーストの顧問弁護士末永(中村梅雀)とケーマシナリーの顧問弁護士中川(池端慎之介)の繋がりを示す記事だったのです。

末永弁護士の出方を伺う伊丹は、中川の弁護士事務所からギアゴーストを買収したい企業があると揺さぶりをかけることに。現れたのは、以前伊丹が帝国重工時代に取引を打ち切った企業の社員重田(古館伊知郎)だったのです。重田は、その後会社を立て直し、株式会社ダイダロスの社長として事業拡大に成功していたのです。

一方、神谷弁護士からのアドバイスを受けて、佃はトランスミッションのある論文を探すことに。

その頃、殿村は実家で田んぼの手伝いをしながら、実家の将来について迷い始めます。そして、田んぼに向かって手を合わせる父親を見て、ある決意をします。

自宅で論文を探している佃は娘の利菜(土屋太鳳)との会話から、論文を探すヒントを得て、探していた論文を見つけることに成功します。そして、法廷で戦うことを決めます。

殿村も実家の田んぼを継ぐことを佃に話し、会社を辞める決意を伝えます。殿村は、佃製作所でモノづくりの素晴らしさを知ることができ、田んぼを継ぐことを考えるようになったと話します。佃は、今まで会社を救ってくれた殿村に感謝の気持ちを伝え、自分が社長を辞めようとしたときに、殿村の一言が思い止まらせてくれたことを話し、今の自分があるのは殿村のおかげだと伝えます。そして、殿村の決意を後押しするとエールを送ります。

これが、第四話のあらすじですね。

佃製作所のピンチを何度も救ってきた殿村がまさかの退社という展開に驚きましたが、みんなそれぞれの人生を歩んでいる訳ですから、こういうことは起こりえることですよね。

サラリーマンの生き方の一つとして、何か参考になった気がします。

第五話の見どころは?

エンディングで、せっかく見つけた論文だけでは、裁判に勝つことができないことが分かった佃ですが、新たな証拠を探し、裁判に勝つことができるのか?そして、末永弁護士以外にも裏切り者が現れます。島津が伊丹に向かって言った「佃製作所を裏切るの?」の言葉、伊丹はいったいどんな行動を取るのでしょうか?

そして、帝国重工の財前が殿村の田んぼで気づいたこれからの生き方とは何か?

次回でゴースト編が完結します、楽しみですよね。

見どころは、どうやって法廷で争うのかですよね。佃は裁判に勝てるのでしょうか?とても気になります。ゴースト編がどんなエンディングを迎えるのか、11日が待ち遠しいですね。

 

コメント