芝桜の名所2019年版(関東編)見ごろはいつ?おすすめ5選

羊山公園 話題

お花見といえば桜ですが、最近では芝桜を楽しむ方が増えてきました。

ソメイヨシノだと見ごろの期間が1週間程度と短いのに対して、芝桜は1か月近くあり、長く楽しめるのが魅力だからです。

今回は、関東地域でおすすめの芝桜の名所を5つ調べてみました。

羊山公園(埼玉県秩父市)

羊山公園

関東地域で芝桜の名所といえば、羊山公園の名前は必ず出ますね。

公園内にある芝桜の丘には、9種類40万株以上の芝桜がきれいにレイアウトされて咲き誇ります。

開花時期は、4月中旬から5月中旬となり、4月12日から5月6日までは芝桜祭りというイベントも開催され、一日楽しむことができます。

また、秩父市街には秩父神社もあり、一緒に観光することをお勧めします。

入園料 : 一般300円、中学生以下無料

アクセス : 電車  :西武鉄道 横瀬駅もしくは西部秩父駅から徒歩20分

東京ドイツ村(千葉県袖ヶ浦市)

東京ドイツ村

千葉県には、東京と名の付くスポットがいくつかありますが、こちらの東京ドイツ村も芝桜の名所として注目されています。

敷地内に25万株の芝桜が植えられていて、広大な斜面が覆いつくされ、とてもキレイです。

花と緑のテーマパークということで、様々な植物を見ることができ、癒されることと思います。

こちらでも4月上旬から芝桜まつりが開催され、様々なイベントを楽しむことができます。

入園料 : 一般800円、4歳から小学生まで400円

アクセス : JR袖ケ浦駅から東京ドイツ村行きのバスがあります。

市貝町芝ざくら公園(栃木県市貝町)

市貝町芝ざくら公園

2.4ヘクタールの広大な敷地におよそ25万株の芝桜が植えられて、展望台から見る景色がとても素晴らしいと人気のスポットとなっていますね。

この時期は、芝ざくらまつりが開催され、屋台や地元でとれた苺「とちおとめ」も食べることができ、おススメです。芝ざくらまつりは、4月7日から5月6日まで開催されます。

また近くにある芳那の水晶湖も一緒に見て頂きたいですね。

入園料 : 大人、子供とも無料

アクセス : JR鳥山線 鳥山駅から車でおよそ15分

東部トレジャーガーデン(群馬県館林市)

東部トレジャーガーデン

敷地内に25万株の芝桜が植えられていて、綺麗なピンクのグラデーションが見る人の目を楽しませてくれます。

毎年この時期に芝桜&スプリングガーデンフェスタというイベントを開催しており、一日楽しむことができます。

隣接している茂林寺公園は、県指定の天然記念物の沼や湿地があり、分福茶釜の狸で有名な茂林寺があります。

入園料 : 中学生以上 600円~1000円、小学生 200円~400円

アクセス : 東部伊勢崎線 茂林寺前駅 徒歩15分

富士本栖湖リゾート(山梨県南都留郡富士河口湖町)

富士本栖湖リゾート

こちらは関東地域最大のおよそ80万株の芝桜が植えられており、富士山のふもとに見事な綺麗な花の絨毯を見せてくれます。

まだ雪の残る富士山と綺麗なピンクのグラデーションの芝桜が絶好の撮影スポットとなっています。

毎年この時期に富士芝桜まつりを開催し、今年は2019年4月13日から5月26日に行われ、ご当地グルメや様々なイベントが楽しめます。

富士山周辺は、毎年外国人観光客が訪れ、その規模も年々増加しているので、外国に行った気分を味わえるかもしれませんね。

入園料 : 大人(中学生以上)600円、子供(3歳から)250円

アクセス : 富士急行線 河口湖駅からバスでおよそ30分

 

今回は、関東地域にある芝桜のスポットを調べてみました。

ソメイヨシノの桜吹雪を楽しむお花見もいいですが、そのあとに訪れる芝桜のお花見もゆっくりと楽しめるので、いいですよね。

今年はスーパーゴールデンウィークということで、いつもより連休が長くなっていますので、海外旅行ではなく、身近にある芝桜の観光スポットでイベントを楽しむというのもいいかもしれませんね。

 

話題
スポンサーリンク
話好き日記

コメント