大坂なおみ、新コーチが決定!ジェンキンス氏の実力は?画像あり

大坂なおみ スポーツ

大坂なおみ選手がTwitterで新コーチを発表しましたね。サーシャ・バインコーチとの契約解消からずっと注目されていましたが、ようやく決まったようですね。新コーチの名前は、ジャーメイン・ジェンキンス氏ということですが、いったいどんな人物なのでしょうか?

今回は、大坂なおみ選手の新コーチ ジャーメイン・ジェンキンス氏について調べてみました。

大坂なおみ選手の新コーチ、ジャーメイン・ジェンキンス氏ってどんな人?

大坂なおみ

(写真左がジェンキンス氏)

大坂なおみ選手の新コーチとなった ジャーメイン・ジェンキンス氏は女子テニス界の女王 ウィリアムズ姉妹の姉 ビーナス・ウィリアムズ選手に2017年5月から専属コーチとして活躍されていた方です。昨年末に契約満了となっていましたが、今年の1月からは全米女子テニス協会の女子コーチにも就任したばかりでした。

ジェンキンス氏は選手時代、世界ランキングが最高で1386位でトッププレイヤーとして活躍されてはいませんでしたが、コーチに転向してからはその手腕は高く評価されていたようです。

ビーナス・ウィリアムズ選手のヒッティングパートナーとして務める一方、厳しいダイエットプログラムで肉体改造を成功させ、怪我や病気で一時低迷していたビーナス・ウィリアムズ選手を4大大会決勝まで進めるよう復活させたとして、アメリカでは高い評価を受けていました。

ちなみに、弟のジャーマー・ジェンキンス氏もテニスコーチであり、セリーナ・ウィリアムズ選手のヒッティングパートナーを務めていたことがあり、兄弟でウィリアムズ姉妹のコーチを務めていました。

大坂なおみ選手が尊敬するウィリアムズ姉妹ってどんな選手なの?

ウィリアムズ姉妹

アメリカの女子テニスの女王として活躍しているウィリアムズ姉妹は、姉ヴィーナス、妹セリーナで、二人とも世界ランキング1位になったことがあり、数々の優勝記録を持つ、まさにレジェンドと呼べる存在です。

姉のヴィーナス・ウィリアムズ選手は、4大大会で優勝回数が7回あり、そのうち全英(ウィンブルドン大会)での優勝が5回となっており、芝のコートに特に強かったことが分かります。

ツアー通算71勝で、シングルスで49勝、ダブルスで22勝、生涯獲得賞金は約4,100万ドル(日本円でおよそ45億1000万円)となっています。

妹のセリーナ・ウィリアムズ選手は、4大大会での優勝回数が23回もあり、全豪7回、全仏3回、全英7回、全米6回と全仏だけやや少ないものの圧倒的な強さを誇っていました。

ツアー通算95勝で、シングルス72勝、ダブルス23勝、生涯獲得賞金は、約8,800万ドル(日本円でおよそ96億8000万円)と女子プロスポーツ選手でも史上一位を誇ります。

二人ともプレースタイルは、パワーテニスを身上としていて、サーブの速度は時速200kmを超えており、男子選手並みとなっています。

大坂なおみ選手も速いサーブを身上としていますので、二人のプレースタイルに似てると言えますね。

 

女王ウィリアムズ姉妹のコーチを新コーチに迎えた大坂なおみ選手は、1週間後に開催されるBNPパリバオープンに出場する予定となっています。

ドバイ選手権では、初戦敗退となってしまったため、次の大会では活躍して頂き、全仏オープンでの優勝に期待したいですね。

 

コメント