大坂なおみのコーチ陣が優秀!アブドゥル・シラーコーチに注目!

大坂なおみ スポーツ

大坂なおみ選手が全米オープンに続き、全豪オープン優勝の大躍進の裏には、本人の努力とコーチ陣の優秀なバックアップがあったからと言われていますね。

コーチといえば、サーシャ・バインコーチが注目されていますが、それ以外にも3名のコーチ陣がいて、中でもフィジカルトレーナーを務めるアブドゥル・シラーコーチに注目してみました。

アブドゥル・シラー コーチって、どんな人物?

アブドゥル・シラー

アブドゥル・シラーコーチは、エジプト人のコーチで、フィジカル担当の専属コーチです。

(写真左から2人目がアブドゥル・シラーコーチ)

2018年3月から大坂なおみ選手のコンディショニングコーチとして参加しました。以前は、世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムス選手に3年間サポートした実績があり、サーシャ・バインコーチと同じく女王を育成するノウハウを持っていると言えます。

アブドゥル・シラーコーチは、トレーニングメニュー以外にも、食事管理や体重管理を徹底的に分析し、大坂なおみ選手の体調をベストにすることを行いました。

今回の全豪オープンで、相手にリードを奪われる場面が何度もありましたが、そこから驚異的な粘りでゲームをひっくり返した背景には、メンタル面での成長もさることながら、フィジカルが向上して、戦いきるための体作りが出来ていたことが大きいと言われています。

その意味では、アブドゥル・シラーコーチの功績はとても大きいですね。

アブドゥル・シラーコーチが導入したラダートレーニングって何?

アブドゥル・シラーコーチは、大坂なおみ選手のフィジカルを徹底的に分析した結果、持ち前のパワーを活かすために、まだ改善の余地がある持久力や敏捷性を高めることに着目しました。

そこで、ランニングを主体とした走り込みで減量しながら持久力を高め、体重を落とすために甘いものを食べないような食事管理も徹底して行われました。

さらに敏捷性を高めるために取り入れたのが、ラダートレーニングと呼ばれるメニューです。

ラダーというのは、はしごの事ですね。どんなトレーニングかは動画がありましたので、見て頂くとよくわかると思います。


テニスのようなフットワークが重要なスポーツには効果がありそうですね。

トレーニングというと、重いものを持ち上げるようなパワートレーニングを連想しがちですが、思った通りに体が動かせるような、敏捷性を高めることも重要なトレーニングだということがよくわかりますね。

大坂なおみ選手のグランドスラムも夢じゃないかも!

全米オープン優勝に続き、全豪オープンにも優勝した大坂なおみ選手。最高のコーチ陣に支えられ、今後の活躍も期待できそうですね。

アブドゥル・シラーコーチによるフィジカルトレーニングは怪我の防止にも効果があると言われていますので、けがをせずベストコンディションで試合に臨めば、次の全仏オープンでの優勝も期待できますね。

5月27日から行われる全仏オープンでは、みんなで大坂なおみ選手を応援しましょう!

 

コメント