池井戸潤の新作を大泉洋が主演。ノーサイドがラグビー界を盛り上げる

大泉洋 ドラマ

2019年7月から放送される日曜劇場が、池井戸潤さんの新作「ノーサイド」になることが決まり、主演を大泉洋さんが務めることになりましたね。

ノーサイドといえば、ラグビーの試合終了の事を言いますが、今回、日本で行われるラグビーワールドカップにちなんだ形となっていますね。

一体どんな物語になるのか、今回は池井戸潤さんの「ノーサイド」について調べてみました。

池井戸潤さんの新作「ノーサイド」ってどんな話?

 

大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で地方の工場に総務部長として赴任することに。意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうしてラグビーの知識も経験もない君嶋に、チーム再建という重荷が課せられた。低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。

引用元:TBS公式HP

池井戸潤さんの作品でスポーツを題材とした小説は、「陸王」と「ルーズベルトゲーム」が有名ですね。しかも、2作品とも同じくTBSの日曜劇場でドラマ化されています。

「陸王」は陸上で、「ルーズベルトゲーム」は野球ですから、どちらかといえば「ルーズベルトゲーム」に近い設定になるかもしれませんね。

「ルーズベルトゲーム」は、中堅電子部品メーカー 青島製作所とその野球部を描いた物語で、青島製作所の社長 細川 充を唐沢寿明さんが演じ、高視聴率を記録した人気ドラマでした。

「ノーサイド」も大手製造メーカー トキワ発動機とそのラグビー部を舞台にしていて、主人公演じる大泉 洋さんがどう立て直していくのかが見どころになりそうです。

大泉洋さんは、どんな役どころなの?

大泉洋

大泉洋さんは、中堅製造メーカー トキワ発動機の中堅サラリーマン 君嶋隼人を演じます。

君嶋隼人は、出世頭として社内で注目されていましたが、上司の進める企業買収に反対したため、左遷され地方の工場の総務部長として赴任することになりました。更に、その工場にあるラグビー部のゼネラルマネージャーに任命されますが、ラグビー経験はなく、知識もないまま、チーム再建を任されることになります。

出世コースから外れたサラリーマンが、どう再起していくのかが見どころになりそうです。

下町ロケットの佃社長のように、熱血感なキャラクターなのか、それとも、実物の大泉洋さんのように冷静というか、少しとぼけた感じのキャラクターなのか、とても気になりますね。

大泉洋さんといえば、TEAM NACSのメンバーとしても有名ですが、実は他のメンバーは全員池井戸潤さんの作品に出演していました。大泉洋さんは、今回初めて池井戸潤さんの作品に出演することで満を持しての登場となった訳です。

「TEAM NACS」の池井戸ドラマへの出演作
森崎博之 『下町ロケット』(2018年・TBS)
安田 顕 『下町ロケット』(2015年、2018年・TBS)
戸次重幸 『七つの会議』(2013年・NHK)、『下町ロケット』(2015年・TBS)、『花咲舞が黙ってない』(2015年・NTV)
音尾琢真 『陸王』(2017年・TBS)、映画「七つの会議」(2019年)、『花咲舞が黙ってない』(2015年・NTV)

引用元:TBS公式HP

他のキャストは、まだ発表されていないので、情報が分かり次第更新していきたいと思います。

 

2019年は、日本でラグビーワールドカップが開催されますので、ラグビーというスポーツが大きな関心を集めます。その中で、池井戸潤さんの新作「ノーサイド」がドラマ化されるということで、大いに盛り上がりそうな予感がします。

追加情報が出次第、更新していく予定ですが、どんなキャストでドラマ化されるのか、とても楽しみですね。

 

 

 

 

ドラマ
スポンサーリンク
話好き日記

コメント