マツコ 夜の巷でヴィーナスフォートでリラックマを購入する

バラエティ

9月13日に放送された夜の巷を徘徊するで、お台場のヴィーナスフォートが紹介されていましたね。冒頭なぜか、逃走中の話題から始まりましたが、マツコさんの趣味で3つのスポットが放送されていました。

今回は、ヴィーナスフォートの人気スポット3つを紹介したいと思います。

ピンクベリーのフローズンヨーグルト

最初に来たのが、フローズンヨーグルトの専門店「ピンクベリー」。

カリフォルニア生まれというこちらのお店で、何とマツコさんの高校の後輩がバイトしてましたね。

ピンクベリーでは、カップの大きさを決めて、周囲が埋まるまでトッピングが選べるというシステムらしく、マツコさんも何をトッピングしようか悩んでいましたね。

フローズンヨーグルトは、アメリカ生まれのスイーツで、当初はヨーグルトが苦手な人向けに作られたみたいですね。ヨーグルトで作るので、アイスクリームに比べ、低脂肪ということで、健康志向の方に好まれて食べられています。

日本では、ミニストップで販売されていてロングセラー商品になっているとのこと。何か食べたくなってきますね。

マツコさんは、フルーツをたくさん選びつつも、変わり種のぜんざいを選んでいましたね。

食べてみたら、アリだったそうなので、ヴィーナスフォートに行った際は、是非食べてみたいと思います。

キディランドでリラックマを購入

お店の入り口のネオンが切れているということで入ったのが、雑貨専門店の「KIDDYLAND」。マツコさんは、ぬいぐるみが気になるということで、色々ご覧になってましたね。

最初に手に取ったのが、忠犬もちしば。まんまるで可愛かったですね。手触りが気持ちよさそうでした。

次に手にしたモンチッチも、1974年生まれということで、44年経った今も愛されているキャラクターですね。30周年記念で作られたベビチッチは、顔がやや幼くなり、可愛さが増していました。

しゃべるぬいぐるみで遊んだ後は、リラックマのコーナーへ。

マツコさんは、リラックマも好きだけど、それよりもいっしょにいる黄色い鳥が気になるそうで、ぬいぐるみを並べて、リラックマの世界観を再現していました。そして、何とセットでご購入。マツコさんの部屋にリラックマワールドが再現されていると思うと、何か可愛いですね。

トヨタの車の歴史が分かる「HISTORY GARAGE」

三番目に訪れたのは、トヨタが車の歴史を展示した「HISTORY GARAGE」。

1960年代の街並みを再現しているということで、以前行われた東京オリンピック当時の世界観を再現しているようです。何か高度経済成長期を懐かしむのって、何かあの頃に戻りたい的なノスタルジックな雰囲気が私は好きじゃないんですが、昔ながらの良さというのも確かにありますよね。

マツコさんは、トヨペットのクラウンが気に入ったようで、購入しようかって言ってましたね。

体が入るのか気になりましたが、多分購入はしないでしょうね。

最後に、ハイエースのミニチュア(といっても結構おっきいですが)をスタッフさんの為に、購入されていましたが、マツコさんこの番組で、結構スタッフさんのために自腹で色々購入されてますよね。そういうところ、素敵ですよね。

マツコさんが購入されたのと、おんなじものが見つかりましたので、貼っておきました。

マツコさんのおかげで、改めて魅力が掘り起こされたヴィーナスフォート、秋の行楽シーズンに訪れるのもいいかもしれませんね。

 

コメント