あなたの番です、ロケ地。蔵前のチョコレート専門店は絶対おすすめ

ダンデライオン あなたの番です

4月14日から日テレの日曜ドラマ「あなたの番です」が放送されますね。

このドラマは、田中圭さんと原田知世さん演じる新婚夫婦が引っ越してきたマンションで行われる交換殺人を描いたミステリードラマで、企画原案はあの秋元康さんです。

このマンションは「キウンクエ蔵前」という名前で、台東区蔵前にある設定ですが、当然、架空の設定です。しかし、蔵前周辺ではロケが行われており、ドラマファンの方なら、台東区蔵前まで行きたくなりますよね。

そして、蔵前に行った際に、「せっかくなら美味しいものを食べてみたい」ときっと考えると思い、是非立ち寄って頂きたいチョコレート専門店がありましたので、今回はチョコレート専門店「ダンデライオン」をご紹介します。

「あなたの番です」ロケ地にあるチョコレート専門店「ダンデライオン」

ダンデライオン

「ダンデライオン」は、サンフランシスコで生まれたチョコレート専門店ですが、その成り立ちはかなり変わっています。

創業者であるトッド・マソニス氏とキャメロン・リング氏は、元々IT起業家だったのですが、自分たちが開発したWEB事業を売却し、その資金を元手に大好きだったチョコレートファクトリーをスタートさせます。

最初は、友人のガレージを借りて、チョコレートの実験室を作り、カカオ豆をローストするところから始めます。

100年以上も前のチョコレートのレシピや世界中の情報を元に研究に研究を重ね、2013年にサンフランシスコにダンデライオン チョコレートのファクトリーを開き、人気店に成長したのです。

このお店にある「bean to bar チョコレート」とは、大量生産の時代にあって、損なわれてしまったカカオ豆の風味を生かすために、小ロット生産にこだわり、豆からチョコレートを作る過程を一つ一つ丁寧に一貫して行うことで、チョコレートの本当の味を追求するところにあります。

蔵前にあるダンデライオンは、海外出店の第一号店としてファクトリーとカフェが併設されてオープンしたのです。

手作りの良さを大切にする日本の文化ともマッチしていますよね。それをアメリカ サンフランシスコのIT起業家が始めたというところに、感慨深いものがあります。

蔵前の「ダンデライオン」 おすすめメニューは?

ダンデライオン

チョコレートの風味をいかしたチョコレートドリンクが全部で5種類あります。

定番のハウスホットチョコレート(¥580)もいいですが、このお店にしかない限定メニューのクラマエホットチョコレート(¥630)がおすすめです。厳選したほうじ茶で香り付けされているのが特徴です。

これからの季節には、フローズンホットチョコレート(¥630)もありますので、一年を通じて楽しめるのがいいですね。

スイーツは、全部で9種類あります。

お店のおすすめは、テイストの異なる3種類のチョコレートで作った ブラウニーバイトフライト (¥630)です。シンプルなブラウニーなので、チョコレート本来の味を楽しめ、食べ比べることでその魅力が増します。

ダンデライオン

限定30食のシェフズテイスティング(¥1450)は、5種類のチョコレートをつかったデザートプレートになっていて、大好きな人は一人で食べ比べてもいいですし、仲間とシェアして食べるのも楽しそうですね。

ダンデライオン

「ダンデライオン」のワークショップも人気

こちらの店舗では、工場見学やチョコレート製造の体験などをファクトリーで行うワークショップが開催されていて、人気を集めています。

ワークショップも2段階になっていて、まずチョコレート101という講座では、チョコレートの基本知識を学んだり、工場見学を行ったり、カカオ豆の食べ比べなどを行い、チョコレートの基礎を学ぶことができます。そして、チョコレート201という講座で、カカオ豆をローストするところから行うチョコレート製造を体験することができます。

わたしたちがお店で購入するチョコレートとは一味違ったチョコレートの世界を楽しむことが出来そうですね。

いずれも申し込みが必要なので、スケジュールを確認して、参加申し込みを行ってください。

ダンデライオンのワークショップの申し込みはこちらから

また、お店で用意している定期的な講座以外にもプライベートクラスやカスタマイズクラスも対応できるということなので、より専門的なことを学んだり、気の合う仲間達だけでワークショップを行ったりと活用できそうですね。

 

蔵前周辺は、ロンドンのテムズ川やフランスのセーヌ川のように、文化を発信する拠点として、おしゃれなお店や独創的なお店が立ち並んでいます。

今回ご紹介した「ダンデライオン」もそのお店の一つです。チョコレートを単なるスイーツとして食べるだけでなく、文化として捉えることで、その魅力がさらに増します。

蔵前に行った際は、是非立ち寄って、本当のチョコレートを堪能して頂きたいです。

コメント