3年A組第9話あらすじ。永野芽郁が真犯人だった?!次回、最終回

菅田将暉 ドラマ

3年A組の第9話が放送され、衝撃的すぎる展開に頭が真っ白になってしまいましたね。

冒頭から柊一颯の三周忌という予想外のオープニングから始まり、柊先生のこの事件を起こした3つの理由の2つ目のところが突然聞こえなくなる演出や郡司刑事を人質に屋上に上がったところで、柊先生が撃たれるところで終わりと思いきや、茅野さくらがまさかの「私が澪奈を殺した」という告白でエンディングを迎え、次回最終回への注目度が最高潮に達した回でした。

今回は、第9話のあらすじと最終回の予想について書いてみました。

3年A組第9話のあらすじ

3年A組

物語は、数年後の魁皇高校の校門前から始まります。生徒たちは卒業して、それぞれ社会人として活躍しているなか、喪服を着て学校を訪れます。

3年A組に集まった生徒達、それぞれ旧交を温めますが、集まった目的は柊先生の三回忌と景山澪奈のドキュメンタリー動画を見る為でした。生徒達は28名、茅野さくらだけがいない中、動画が始まります。動画の中で景山澪奈の生前のやりとりが写される中、遅れて茅野さくらが到着し、現代に話が戻ります。

事件に協力した相楽孝彦は、武智大和を陥れたフェイク動画が実は柊一颯だった動画を投稿し、警察に出頭する。その結果、世間では景山澪奈を殺した犯人は柊一颯だったとなるが、武智大和は平常心を保つことができなくなっていた。

郡司刑事を人質に取り、最後の仕上げに臨む、柊先生。3年A組の生徒たちに全てを話し始めます。

柊先生が今回の事件を計画した目的は3つ。一つ目は、フェイク動画で自分の恋人や生徒を陥れた武智大和先生の罪を償わせること、二つ目は、景山澪奈が自殺した本当の原因について明らかにすること。そして、3つ目は、3年A組の生徒たちに、自分たちの言動に責任が持てる人間になってもらいたいことでした。

柊先生の言葉に涙を流す生徒たちを見て、柊先生は自分が命がけで行ったこの計画が上手くいったことを感じ、生徒達に感謝の言葉を伝えます。

そして、最後の仕上げを行うため、郡司刑事を人質にとり、屋上に上り、警察に最後の要求を伝えようとしますが、そこで何者かに撃たれてしまいます。

その様子に混乱する3年A組の生徒たちに、茅野さくらが「自分が景山澪奈を殺したの」と告白します。

永野芽郁が本当に真犯人なのか?最終回の予想はどうなるの?

永野芽郁

ラスト5分前に、柊先生が屋上で撃たれたことで衝撃を受けたのに、更に茅野さくらが「自分が景山澪奈を殺したの」と告白したことで、見終わった後、茫然としてしまいましたね。

柊先生がこの事件を起こした2つ目の理由は、景山澪奈が自殺した本当の理由を明かすことだったのですが、その場面では会話が聞こえなくなる演出で内容については明らかにされませんでした。

そこで、現時点で分かっていることをまとめてみます。

1.第一話で、茅野さくらが「自分が景山澪奈の自殺の原因だ」と言ったが、それは不正解だと言われた。

2.景山澪奈が自殺したとされる建物から出てきたのは、武智大和ではなく、柊一颯だった。

3.最終回の予告では、景山と茅野が建物に入っていく映像が流れていた。

4.柊先生が全ての罪を被ろうとすることを、茅野さくらは苦しいと本人に告白した。

5.柊先生の三回忌で、茅野さくらは遅れながらも、3年A組の教室にやってきた。

 

うーん、考えられるところとしては、

1.景山澪奈と茅野さくらが、何らかの理由で争い、事故により命を落としてしまった。

2.景山澪奈が命を絶とうとするところを、茅野さくらが友人として手伝ってしまった。

3.景山澪奈は本当に自殺だったが、茅野さくらは止めずに黙ってみてしまった。

1番だとよくある話になってしまいますし、2番だと犯罪なので、このドラマでそれを美化しようとはしないでしょうし、3番ではないかなーと予想しますが、どうなるのでしょうかね。

 

いよいよ次回で最終回を迎える3年A組。卒業して何十年も経つ私に生きることの大切さを再認識させてくれた柊先生に感謝しつつ、いったいどんなラストを迎えるのか、見逃せませんね。

コメント